ネット右翼?

嫌韓厨? アジア蔑視? 侵略戦争肯定派? なにそれwww
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
日本のサヨクの常套手段
漫画家で「週刊金曜日」編集委員の石坂啓さん(49)の講演「学校に行かなければ死ななかった子どもたち」が31日、佐賀市天神のアバンセであり70人が聴き入った。「子どもたちによりよい教科書を!市民の会」主催。
 中3の息子がいる石坂さんは、彼が20歳になるまでに憲法が「改正」されているだろうと“予言”したうえで日本の危険な針路に言及。「有事法制など、ここ10年で戦争のできる体制が急速に整備された。反戦の声を上げるだけで逮捕される今は、もはや『戦時』と考えていい」との認識を示した。
 さらに、従軍慰安婦や南京大虐殺を過小評価したり、なかったものにしようとする勢力の動きを「うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用してしまう」と教育の恐ろしさを説き、大人たちが作った枠組みに感受性豊かな子どもたちを押し込めることで生じるゆがみが、学校を息苦しいものにしているのではないかと案じた。



漫画家というより、コメンテーターとして最近は有名な石坂啓さんに関する記事。非常につまらない(失礼)モノですが、この記事一つで色々なことが見えて来ます。
まず主催が「子どもたちによりよい教科書を!市民の会」で講演のタイトルか「学校に行かなければ死ななかった子どもたち」そのうえ内容が「有事法制、南京、慰安婦」と見事な連携プレイ。まるで、新しい歴史教科書を使うと子供達が『戦争万歳!南京大虐殺万歳!従軍慰安婦万歳!」となり、大東亜共栄圏の夢ふたたび!とばかりに立ち上がりそうな感じがしますね。
まぁ、当然の事ながら日本の文科省は、そんな教科書を検定で通しません。
サヨクと呼ばれる方達には、普通の人には見えないものが見えたり、何かしらの超常現象が起こってるとしか思えません。脈絡もなく軍靴の音も聞こえたりするみたいですしね。


そもそも「有事法制」とは、ナイフを持った相手に刺されてからしか反撃できなかったものを、ナイフを出された時点で身を守るための行動を起こせると言うもので、日本の国民の安全を守るためには絶対に必要なものです。「ナイフを出して威嚇しただけで、刺す気があるかどうか分からないだろ?」と言われる方もいますが、威嚇された時点で何らかの手を打たなければ被害を最小限にとどめる事は難しいでしょう。
貿易立国として成り立っている日本が、国際世論を敵にして侵略戦争を始めるメリットも無い今、有事法制に反対するというのは、日本国民の安全をないがしろにしたいのだと考えざるをえません。
「反戦の声を上げるだけで逮捕される今」ともありますが、声を上げただけで逮捕されるのなら真っ先に石坂啓さんが逮捕されるのではないですか?もし逮捕された人がいるのなら、その人は声を上げるだけでなく他に法に触れる事をしたからでしょう。
2ちゃんねるでこんな事を書けば一斉に「ソース出せ!」と言われるような事を、そのまま載せる毎日新聞もとても素敵です。


そしてここでもサヨクの常套句、従軍慰安婦や南京大虐殺が出て来ますが・・・軍人による強姦の被害を減らすために慰安所を設置するのは当時では当たり前の事ですのでソレはおいといて、南京大虐殺について言わせてもらえば過小評価も許さない石坂女史の事、中共発表の30万人説を支持してるのだとすれば、かなり貴重なサヨクです。
今現在の南京大虐殺あった派の主流は数万人~20万人といったところでしょうか。さすがに30万人を支持する人達は減りましたが、それでも彼らが言うことは「人数が問題なんじゃない!」と日本国内に訴えること・・・30万人説を否定しておきながら、けして中共に対して「きちんと被害者数を調査しろ!」とは言いません。
この状況を見てもわかるとおり、日本のサヨクにとっての南京大虐殺とは、反政府活動に使える一つの駒でしかありません。被害者数は正直どうでもいいのです。30万人殺すのは無理だ!と突っ込まれれば、人数を減らして同じ事を言うだけ。
「うそでも100回言えば、そんなものかなと世間では通用してしまう」とは、自らに向けた言葉のようですね。


反日・反米の本は堂々と広告が載るのに、嫌韓流は新聞社に広告拒否され、マスコミは徹底的にスルーし、こんな陳腐な講演が記事となりニュースとして配信される。
私たちがテレビや新聞から得られる情報というものが、マスコミ各社のフィルタを通過したものでしかないと良くわかる事例ですね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。